収益物件の査定(出張)なら高値での買取や「相続」絡みの難物件にも対応する株式会社セカンドブリューへ~収益物件や土地と都市計画法・都市計画道路の関係~

  1. ホーム
  2. 収益物件の査定(出張)なら高値での買取や「相続」絡みの難物件にも対応する株式会社セカンドブリューへ~収益物件や土地と都市計画法・都市計画道路の関係~

収益物件の査定(出張)を依頼するなら~高値での買取もお任せ~

収益物件の査定(出張)を依頼するなら~高値での買取もお任せ~

収益物件の査定を依頼するなら、出張での無料査定に対応する株式会社セカンドブリューにお任せください。賃貸用マンションやアパートなど入居率が高く収益も安定して見込めるのであれば問題ありませんが、入居率の低下が続いている時や将来を考えると適切な管理を継続するのが困難な場合もあるでしょう。

株式会社セカンドブリューは通常の不動産業者では取り扱いが難しい収益物件を専門に扱っており、どのような状態の収益物件でも査定やご相談が可能です。建築年数だけの査定で安値になりがちな収益物件ですが、株式会社セカンドブリューでは物件の個性に着目した高値での買取を可能としております。

収益物件の査定なら「相続」絡みの難物件にも対応する株式会社セカンドブリュー

収益物件の査定なら「相続」絡みの難物件にも対応する株式会社セカンドブリュー

収益物件の査定なら、相続を契機に取得した物件の売却査定にも対応している株式会社セカンドブリューにお任せください。株式会社セカンドブリューは専門家との提携で、相続により得た収益物件の相続税にお困りの方や、相続絡みでの財産分与問題がある収益物件などの難物件にも対応可能です。

税理士など提携専門家のアドバイスのもと、相続税対策も視野に入れた処分プランをご提案します。収益物件の価値を知りたいとお考えなら、出張での無料査定に対応する株式会社セカンドブリューにお気軽にご相談ください。

収益物件や土地と都市計画法・都市計画道路の関係とは?

持っている収益物件や土地の一部が都市計画道路に指定されている場合は、注意が必要です。都市計画道路とは、都市計画で定められた公園や道路などの都市施設を、将来建築する計画のある土地を指します。この指定を受けている土地に建物を建築するには、都道府県知事の許可を取得する必要があります。

また、許可が得られるのは階数が2階以下であり、かつ地下施設を有しない建物に限定されます。従って、地下駐車場付きの賃貸マンションなどを建築することはできません。収益物件や土地の一部に都市計画道路が含まれている場合は、これらの制限があることを認識しておきましょう。

お役立ちコラム

収益物件の査定なら一棟アパートやマンションも対応する株式会社セカンドブリューへ

【会社名】 株式会社 セカンドブリュー
【代表者】 白山 武司
【所在地】 〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1丁目3−7 隅越ビル4階
【TEL】 03-5734-1298
【FAX】 03-5734-1299
【営業時間】 10時30分 ~ 18時30分
【定休日】 水曜日
【URL】 https://www.s-brew.co.jp/