売却査定で収益物件(一棟アパート・一棟マンション)の価値を知るなら株式会社セカンドブリューにご相談ください。~不動産の売却で知っておくべき用途地域~

  1. ホーム
  2. 売却査定で収益物件(一棟アパート・一棟マンション)の価値を知るなら株式会社セカンドブリューにご相談ください。~不動産の売却で知っておくべき用途地域~

収益物件の売却査定は株式会社セカンドブリューへ

収益物件の売却査定は株式会社セカンドブリューへ

収益物件の売却査定を行う株式会社セカンドブリューは、収益物件であれば条件を問わず売却査定に対応しております。収益物件は入居率が収益に直結しますが、入居率の低迷に悩んでいる物件も少なくありません。

このような問題を抱えた収益物件であっても、無料で売却査定が可能です。収益不動産買取の専門業者なので、他の不動産会社を介在させずに不動産投資家に直販仲介することができるため、無駄なコストがカットでき利回りの上積みを期待できます。

相続がらみで協議紛糾している、あるいは借金返済のための任意売却を予定している、このような物件でも提携している専門家と柔軟に対応いたしますので、まずはご相談ください。

不動産の売却にも影響がある用途地域

不動産の売却にも影響がある用途地域

都市部の空き地や古い収益物件の売却を検討する際は、用途地域として指定の有無やその種類を確認しておく必要があります。用途地域とは、都市計画法上の市街化区域について12種類の指定を行い、建築できる建物を規制しているものです。

収益物件として可能性の見込める土地で何らかの用途地域の指定を受ける場合、マンションの種類によっては建築が認められない可能性があります。反対に居住環境が良好そうでも、「商業系地域」の指定を受けていれば規制が緩く、目の前の土地に高層建築物を建てることもできます。

買主が一棟マンションなどの収益事業を予定しているようであれば、用途地域の種類を確認したうえで交渉に臨みましょう。事前に用途地域かどうかを確認することで、売却後のトラブルを防ぐことにも繋がります。

売却査定で収益物件(一棟アパート・一棟マンション)の価値を知るなら

売却査定で収益物件(一棟アパート・一棟マンション)の価値を知りたいとお考えなら、株式会社セカンドブリューにお任せください。売却査定は不動産業界で慣習化している「減点法」による評価ではなく、「個性加点法」により物件ごとの個性も正当に評価して、売主も納得できる価格での売却査定を目指しております。相談や売却査定は無料で行っておりますので、お気軽にご相談ください。

お役立ちコラム

収益物件の売却査定のご依頼なら株式会社セカンドブリューへ

【会社名】 株式会社 セカンドブリュー
【代表者】 白山 武司
【所在地】 〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1丁目3−7 隅越ビル4階
【TEL】 03-5734-1298
【FAX】 03-5734-1299
【営業時間】 10時30分 ~ 18時30分
【定休日】 水曜日
【URL】 https://www.s-brew.co.jp/